1. HOME
  2. 採用情報
  3. スタッフ紹介
  4. 2014年入社/H.N.

様々な経験を通して スキルアップを実感

2014年入社/H.N.
横浜物流センター 計画管理課 LE担当

製品の保管場所の決定や、在庫量の調整など、倉庫管理を担当している。
柔軟な思考で業務の効率化に貢献するイクメン。

様々な経験を通して
自分のスキルアップを実感する

私は仕事のスタンスとして例え分野が全く違う仕事でも断らず、何事にもチャレンジすることを心がけています。そのおかげか、まだ社歴は浅いのですが、月に数千万円のお金が動く業者間の契約を何件も締結したり、事務所の改装工事に携わり、床のデザインからデスクの配置まで設計し工事を完了するなど様々な経験をすることができ、自分のスキルアップにつながったと感じています。

学生の皆さんへ一言

私は何度か転職を経てここに辿り着きましたが、一番大事なのは自分に嘘をつかずに働けることだと思っています。人間関係や給料は後から着いて来ますが、会社の本質は変わらない為、そこを見極めましょう。自分が信じられる会社に巡り会えるまで、あきらめずに就職活動がんばってください!

Question

業務内容を教えて下さい

現在は、工場等から生産される製品をどの倉庫で保管するのかを計画する「倉庫管理業務」を中心に行っています。オカムラの営業が受注した納期に合わせ、製品をどこに保管し、どこから出荷させるのかを決めていくことで、製品の流れをスムーズにしてお客様が求めた日程に遅延なくお届けできるようにしています。

オカムラ物流を選んだ理由は?

私は前職で営業をしていたので、自信を持って販売することのできる商材を扱っている企業に転職したいと考えていました。オカムラの製品はグッドデザイン賞を多数受賞しているように、デザイン性に優れ世間からも高く評価されていると感じ、オカムラグループに興味を持ちました。中でも物流に携わろうと思ったきっかけは生産から販売まで行っているオカムラグループの中継地点として全体を見渡せることに魅力を感じたからです。

オカムラ物流の印象と入社後のギャップ

歴史のある会社なので、年功序列で役職が決まるような会社だろうと思っていましたが、実際に入ってみると比較的若いうちに役職についている方もいて、実力が反映されてきちんと評価される会社なのだと、いい意味でギャップがありました。

若い管理者の姿を見て私も頑張ろうとモチベーションが上がりました。

辛いと思うこと、うれしいと思うこと

1つでもミスをしてしまうと倉庫の作業者や納品先のお客様に迷惑をかけてしまうので、プレッシャーはものすごくあります。また、裏方的な仕事なのでミスなく仕事が行えてもその方々から褒められることはあまりありません。ですが時々、計画の良し悪しをわかってくれる作業者の方などから、本当にすごいと褒めてもらえた時は格別の嬉しさがあります。

また、物流は企業の中でコストがかかる部門なので、費用を削減する工夫をすると具体的な金額で効果を見る事が出来ます。私は経済を学んできたこともあり、自分の働いた成果を数字として見れることがとても楽しく思います。

プライベートと仕事のバランスについて

計画管理課は業務が担当ごとに分かれているので、個人で完結する仕事が多いです。仕事が多くなってくる時期にはその性質を活かして他の人より早く出勤し、その分早く帰るフレックスタイムでの勤務を行っています。早く帰ることで妻や娘とも毎日コミュニケーションを取ることができるので、プライベートは非常に充実しています。また年に4回ある棚卸以外では基本的に土日祝日が休みの為、休日の計画を立てやすく、旅行に行くことも可能です。代わりに日々の仕事量は決して少なくありませんが。。。

今後チャレンジしたい事は?

一歩足を踏み出せば生産、デザイン、営業など多彩な仕事と可能性のある会社なので、今後もどんな仕事でも積極的にチャレンジして物流の枠だけに収まらず、大きな企業人になっていきたいと思っています。

将来的な目標としては上司がテキパキと仕事をこなす素晴らしい方なので、知識を吸収し、少しでも追いつき、いずれは追い越せるようになりたいと野心を燃やしています。

次の連続休暇にしたい事、行きたい場所は?

昨年ウインタースポーツに目覚めたので、今期もスノーボードに行ければいいなと思っています。

会社への要望は?

出荷頻度の高い製品や、地方倉庫への送品が多い製品などを分析し、庫内の在庫配置を見直すこと等でより効率的な運用ができるよう日々努力しています。その分析の為には現在使用しているパソコンではパフォーマンスが足りないので、是非最新のハイスペックパソコンの導入をお願いします!