1. HOME
  2. 採用情報
  3. スタッフ紹介
  4. 2012年入社/T.T.

「学ぶ姿勢」「謙虚さ」「明るさ」を大切に

2012年入社/T.T.
TMS推進部 計画担当

輸配送全般を管理し、配車計画や運行管理の支援システムの導入・刷新を担当している。
物流データと奮闘中の、お酒をこよなく愛する酒豪。

学ぶ姿勢を持ち続けることと
謙虚でいることを常に心がけています

仕事をする上では、「学ぶ姿勢」「謙虚さ」「明るさ」は大切にしたいと思っています。
現在の部署ではまだまだ分からない事も多いですが、たくさんの事を学べる環境にあるので、吸収していくためにいつでも学ぶ姿勢は失わないようにと心がけています。
また学ぶだけでなく、こちらから提案やお願い事をする事も多いため、相手に伝える際は謙虚さを持って話す事も意識しています。

入社前は物流業界というと怖くて気難しい人が多いイメージでしたが、オカムラ物流はむしろ気さくな方が多いと思います。そのため、普段は上司・同僚とも風通しが良く、時には冗談を言い合いながら仕事をする時もあり、雰囲気はとても良いです。

学生の皆さんへ一言

私が就職活動をしていた時と比べると、今は良い環境だと思います。売手市場という事だけでなく、様々なコミュニケーションツールも発達し、以前であればなかなか会えない人から意見をもらったり、実際に会いに行ったりする事も可能になっていると思います。是非それらを有効活用して、色々な業界の様々な人の話を聞いて自分が納得するまで就職活動をして下さい。そしてその中でオカムラ物流を選んで頂ければ幸いです。その時は是非一緒に会社を盛り上げていければと思います。

Question

業務内容を教えて下さい

TMSとは「Transport Management System」という物流センターから届け先までの輸配送をトータルで管理し、配車計画や運行管理を支援する「輸配送管理システム」の略称です。

私の所属するTMS推進部は、これらのシステムの導入・刷新を進めて行く事に加え、輸配送のコスト管理、また繁忙期に向けた車両計画など、車両に関わる部分をトータルで管理・サポートしている部署で、現在は配車システムを刷新する仕事に従事しています。

オカムラ物流を選んだ理由は?

私は「モノ」を通じてお客様とつながり、かつ個人で進めるのではなくチームワークで進める仕事に就きたいと考えていました。物流はまさに「モノ」を届ける仕事であり、届けるために関連部門とチームを組んで進めていく仕事です。オカムラ物流では親会社であるオカムラの幅広い製品である「モノ」を扱い、お客様に良い製品を届けるため、製造・販売・施工の方々とチームを組んで仕事を進める必要があります。その点が自分の考えとも合致して、縁あって入社を決めました。

オカムラ物流の印象と入社後のギャップ

入社前は物流業界というと怖くて気難しい人が多いイメージでしたが、オカムラ物流はむしろ気さくな方が多いと思います。そのため、普段は上司・同僚とも風通しが良く、時には冗談を言い合いながら仕事をする時もあり、雰囲気はとても良いです。

辛いと思うこと、うれしいと思うこと

現所属の前は配送センターで配車業務や品質管理業務を担当していましたが、現在の部署では会社全体のことを考える必要があり、今まであまり接点を持つ機会が少なかった他部門の方々やオカムラの情報システム部の方と接する機会が増えました。最初は私の知識の無さ・経験不足からなかなか話が噛み合わない事もあり、とても苦労しましたが、あきらめずに自分の中で一つずつ得た知識を消化していく事で、段々と自分からも意見を言えるようになりました。そのため、次第にこちらの意見を聞いて頂けるようになったり、逆に問い合わせ等をもらえるようになった時には良かったなと思います。

プライベートと仕事のバランスについて

仕事は忙しいですが、会社も働き方改革を推奨していますので、比較的休暇は取りやすく、また業務が終わればすぐ帰る事ができ、忙しい時でも部署内で持ち回りで残るなどして、メリハリがあるかと思います。

プライベートでは私はお酒を飲む事が好きなので、仕事終わりに会社の人と行ったり、友人と行く事もしょっちゅうです。また、他の方も早めに帰宅してジムに行く方や休日を利用して旅行に行く方も多く、お土産を頂いたり、その時の話をしてくれたりするので、充実した時間を過ごしている方が多いと思います。

今後チャレンジしたい事は?

現在担当している仕事を無事に終える事で正直今は頭が一杯です。その後は、同僚や後輩に任せっきりなってしまっている物流コストの分析や、車両計画などにも携わっていこうと思っています。

そして、物流の改善に終わりはないので、各拠点の業務の問題点を改めて見直し、運用面・システム面での改善を周りと協力しながら進めていけるような立場に将来的になれれば良いなと思っています。

次の連続休暇にしたい事、行きたい場所は?

次の連続休暇に行けるかは分かりませんが、東南アジアのラオスという国に行ってみたいです。

ラオスは東南アジア最後の秘境と呼ばれており、特に街全体が世界遺産に登録されているルアンパバーンに行ってみたいと思います。特に何かがあるという訳ではなく、何もないからこそゆったりとした時間が流れているという事なので、日本と違った空気感を味わいたいです。

ただ、首都のビエンチャンでは開発の波も押し寄せているみたいなので、早めに行っておきたいですね。

会社への要望は?

今後とも若手社員が色々な事を経験出来る体制作りを引き続きお願いしたいです。私も振り返ってみると、今まで経験した事が全て今の仕事に繋がっている事をとても実感しています。また、オフィス・商環境の垣根を越えた交流も必要だと感じます。